仕事2

そんな感覚で就活を辞めたため、入社半年前くらいになって後悔してきた自分がいた。


大学の同期は、六大学の体育会という事もあってみんな有名な一部上場企業に内定をもらっていて、自分の内定先がちっぽけに思えてきてしまった。内定者のキモいやつがいきってるのも、きつかったわ


そんな時、1つの選択肢が頭をよぎった。



就活浪人。



わりと本気で迷って、当時同期ながらに尊敬していた部活の主将に相談した。俺が内定した先はダサいため、部活終わった後に再度就活しようと思っている事を伝えた。


そいつがその時、こう言った


「お前の内定先はダサくない。あと、俺とかお前が感じている事なんて本当に社会の表面的な部分で、入社したら色んな事があって、やりがいは必ずあると思う。何をやるかではなくて、選んだ道でどこまで本気でやるかだと思うよ」


普通にめっちゃ美化してて、こんなカッコよい感じではなかったとは思うけど、そんなニュアンスの事を言われ、アホ程響いた。


結局、就活浪人せず入社した。


続く


仕事1

新卒で入社する企業って、皆さんどうやって選んだでしょうか?


俺は就活がはじまった時、将来の事よりもその当時もっとやりたい事、部活があって、正直サッサと決めてやろう、という意識で活動していた。


どこの会社見ても結構楽しそうで、大学の同期から見られて恥ずかしくない先であればどこでもいいかな、という気持ちだった。


そんな中、説明会で非常に印象に残る会社があって、ここに行きたいなとはじめて思って。


リクルーター的な人もついて、結構色々話聞いててもらって、ここに入ろうと思った矢先、



地震起きて



採用面接が6月に流れて




面接の練習がしたいなあ、と思った時、地震の影響なく四月から採用活動開始してる会社あって、面接受けてたらすぐ内定でて



6月までの間、部活やってたら、就活どうでもよくなってきて、入りたいと思っていた企業と今内定出てる企業を天秤かけて


楽な(内定出てる企業)方を肯定化して



行きたかった先ではなく、今の企業に入社した、というのが俺です。


続く






27歳、男、妻子持ち、銀行員です。


日々感じた事を、なんとなく残しておこうと思ってはじめます!


後になってみた時、当時を思い返せるような、そんなブログにします。


よろしくです、